トラックの中古車相場とは?購入及び買取のおすすめサイトも紹介

仕事でトラックをお使いの方は、現在使用している車の価値が気になりますよね?

買い替えを検討であれば、次の車の中古車相場や今お使いの車の買い取り相場が気になります。

普通車とは若干異なるトラックの購入及び買取のオススメサイトを紹介します!

中古車トラックの購入相場を調べよう

中古車トラックといっても種類は数多くあります。

特にトラックは多種多様で、

  • 軽トラック
  • 1トン積み小型トラック
  • 1.5トン積み小型トラック
  • 2トン積みトラック
  • 4トン積みトラック
  • 11トン積み大型トラック
  • 牽引用トレーラーヘッド

等です。

軽トラックはその名の通り、軽自動車規格で作られたトラックです。

サイズは小さいですが積載能力が高く、日本国内でもっとも需要が多いトラックです。

各メーカーから様々な車種が発売されています。

新車販売台数は多いですが中古車市場では数が少なく、中古車オークション相場は高値で推移しています。

1トン積み小型トラックは4ナンバーでサイズも手ごろです。

トヨタライトエース、日産バネット、マツダボンゴ等が該当します。

荷台の大きさで750キロ積みと1トン積みがあります。

人気なのは1トン積みで、中古車オークション相場がとても高いです。

ただこれは国内需要ではなく、輸出需要です。

ライトエースやバネットの1トン積みは東南アジアでの需要が高く、外国人バイヤーが国内相場より遥かに高値で落札し、海外へと輸出されています。

1.5トン積みから2トン積みトラックも国内需要が多いトラックです。
これも各メーカーから様々な車種が発売されています。

1.5トン積みになると小型トラック上限の4ナンバーサイズギリギリになります。

2トン積み以上になると全長が6メートル級になり、1ナンバーになります。

4トン積みトラックになると、製造メーカーが変わります。

トヨタ、日産でも製造していません。

代わりに日野、日産UD、イスズ製の車輌になります。

11トンの大型トラックになると、新車価格が7桁ではなく8桁になります。

この辺りのクラスになると長距離輸送がメインユースになり、ドライバー疲労軽減のための快適装備も充実します。

一般的な国産高級車より快適な運転環境になります。

牽引用トレーラーヘッドは超大型のトレーラーを牽引するためのトラックになります。
コンテナ車や7台積みの積載車等で見かける場合が多いです。

運転するには大型免許だけでなく、牽引免許も必要になります。

当然ですがとても高額です。

中古車オークションでも流通台数が少なく、高値で推移しています。

トレーラーヘッドはとてつもなく重量のあるトレーラーを牽引するため、超大排気量のエンジンを搭載しています。

そのためトレーラーヘッド単体では、スポーツカー顔負けの動力性能を誇ります。

日本では馴染みがありませんが、海外ではトレーラーヘッドのレースが開催されており、大人気です。

同じ車種でも荷台の形状が多種多様で、本当にバリエーションが豊富です。

また普通のトラックだけでなく、

・ダンプ車
・ユニック車(クレーン付)
・キャリアカー(車輌積載車)
・パネルバン
・冷凍冷蔵車
・ミキサー車
・タンクローリー

等多種多様の架装があります。

架装の種類もバリエーション豊富です。

まず、どのような大きさのトラックを探すのか?

どのような架装が必要なのか?

それは購入を検討している方なら大体決まっています。

そこから中古車検索サイトを使って調べるのが、もっとも効率がいいでしょう。

中古車トラック購入検索サイト一覧

中古車検索サイトはいくつもあります。

その中で代表的なサイトをいくつか紹介します。

goo-net

プロトコーポレーションが運営する、日本を代表する中古車検索サイトです。

トラック・バスだけでも1万台以上の在庫があります。

軽トラックや軽バンも含めると2万5千台の在庫になります。

日本全国からご要望に沿った1台が見つかる可能性がもっとも高いサイトのひとつです。

カーセンサーnet

こちらはリクルートが運営する中古車検索サイトです。

goo-netと比較すると在庫台数は少ないですが、軽を含めたトラック、バスの在庫は1万5千台を超えます。

こちらも日本全国からご要望に沿った1台が見つかるでしょう。

価格.com

こちらは中古車ネット情報を集約して表示するサイトになります。

goo-netやカーセンサーnet、その他の中古車検索サイトに載っている在庫を一覧で表示します。

メジャーなサイトだけでなく、マイナーなサイトの在庫も表示します。

一般的な検索では見つからない車も出てきますので、上級者にはオススメのサイトと言えるかもしれません。

中古車トラック購入時の注意点

トラックの中古車は、一般的な乗用車と比べると走行距離が多いです。

仕事で使うので、どうしても走行距離が伸びます。

新車から3年落ちで10万キロオーバーは当たり前です。

4トン車以上の大型車になると、20万キロから30万キロ走った車も普通に売っています。

普通車では過走行になり購入を控えるような走行距離になります。

ですが仕事で使うトラックなら、それくらいの過走行は平気です。

トラックなら10万キロオーバーの車でも普通に使えます。

ただそれだけ走った車となると、消耗品の状態が心配です。

オイル系やタイヤ、ベルト等の消耗品の状態をチェックしましょう。

4トン以上の大型車になると、エアー系のコンディションチェックは欠かせません。

一般的な普通車は、ペダルやレバーの動作は機械式もしくは油圧式です。

ブレーキは油圧で動作しています。

これが4トン以上のトラックになると、ブレーキが空気圧になります。

大型トラックが信号待ちで停車した後、プシューという音がします。

あれはブレーキを作動させた高圧エアーを開放している音です。

そして再びブレーキを作動させるために、高圧エアーを充填します。

大型トラックでエアー系の状態は最重要チェック項目になります。

もちろん販売業者も納車前整備で必ずチェックします。

それでも大型トラックの場合は整備内容も事前に確認しておいたほうがいいでしょう。

消耗品のチェックに関しては、普通車の中古車購入と基本的に大差ありません。

ただ仕事で使う車なので、走行距離はどうしても伸びます。

整備費用が多少割高になっても、納車前整備はしっかりしておきましょう。

現在お使いのトラックを高く売ろう

仕事で使うトラックをお探しの方であれば、現在使用しているトラックも所有しているかと思います。

買い替えの理由は様々でしょうが、

  • 年式が古くなったので買い換えたい
  • 過走行になってきたのでそろそろ乗り換えたい
  • あちこちガタが来ているので、買い換えたい

等が主な理由だと思います。

そのような状態のトラックはほとんど査定価格が付かないと思われている方々も少なくないでしょう。

ですが国産のトラックは違います。

多少のガタや過走行でも値段は付きます。

中古車オークションの相場を調べると一目瞭然です。

国産トラックには、『輸出需要』があります。

日本国内で売れなくても、中古車オークションで外国人バイヤーが日本人より高値で落札します。

そして海外へと旅立ち、第二の人生を歩みます。

よほど酷い状態でない限り、解体査定という状態にはならないです。

国産トラックは売れます!

トラック買取相場検索サイト一覧

そのような需要があるトラックは買取サイトも充実しています。

その中でいくつかご紹介します。

ズバット車買取比較

車買取サイトの大手です。

車の情報を入力するだけで、最大10社から査定価格を算出します。

その中でもっとも高い査定価格を付けた業者に買い取ってもらえます。

契約している買取業者は208社。

査定価格は車のオークション相場を基に算出されるので、ディーラー査定のように低い査定価格になることはありません。

さらに車買取の場合、地域性もあります。

お住まいの地域に見合った価格を算出するので安心です。

トラックファイブ

トラック買取専門業者として、15年の歴史があります。

トラックだけでなく、重機やバス、トラクター等も買取します。

トラック買取専門なので、通常の買い取りサイトとは使い勝手が異なります。

まずは電話連絡してから、FAX、メール、LINE等で査定依頼をします。

そこで査定価格を算出し、必要書類を揃えておけば即日現金買取します。

どちらかと言うとトラックを仕事で使う法人向けの買い取りサイトになります。

トラックや重機のプロなので、買取価格には自信があるようです。

トラック王国

こちらもトラック専門買取サイトです。

トラックだけでなく重機、バスも取り扱っています。

全国どこでも対応します。

ホームページで必要情報を入力すれば、トラック買取金額が算出されます。

トラックファイブと同じく、FAX、メール、LINEでも対応します。

ここも必要書類を揃えておけば、即日現金買取します。

やはりトラックを扱うのは個人より法人のほうが圧倒的に多いです。

こちらも法人向けのサイトでしょうが、個人で申し込んでも大丈夫です。

軽トラックが高値で売れる!その理由とは?

カーセンサーnetに掲載されていた、国産トラックの人気ランキングです。

  1. ダイハツハイゼットトラック
  2. スズキキャリィ
  3. スバルサンバートラック
  4. ホンダアクティトラック
  5. 三菱ミニキャブトラック
  6. マツダボンゴトラック
  7. 日産クリッパートラック
  8. 日産バネットトラック
  9. ダイハツハイゼットトラック
  10. マツダスクラムトラック

トップ10のうち、8台が軽トラックです。

しかもトップ5独占です。

ハイゼットトラックが重複していますが、これは型式が異なるので違う車扱いのためです。

1位のハイゼットトラックは現行型ですが、9位のハイゼットトラックは旧モデルです。

単純にハイゼッとトラックという括りだけでは、ハイゼットトラックがダントツ1位になります。

軽トラックはとても高い人気があります。

これにはもちろん理由があります。

まず、維持費が圧倒的に安いこと。

自動車税は年間4000円です。

任意保険も安いです。

次に大事なのは、積載能力が高いこと。

軽トラックの荷台でも充分に広いです。

仕事で長尺物を積むとなると不便ですが、小物をいくつか積み込む程度なら軽トラックの荷台でも事足ります。

荷台のあおりをベニヤ板等で工夫すれば、かなりの量の荷物が積めます。

軽トラックはエアコンパワステがオプション扱いのグレードもあります。

エアコンパワステが無くても使えるのが軽トラックの優れた特徴です。

夏場になると、車内に子供を放置して熱中症で志望するという痛ましいニュースをよく耳にします。

これは今の車の断熱効果が高く夏場の車内温度は60度を超えてしまうためです。

ですが軽トラックの場合、断熱対策をほとんど行っていません。

その影響で熱が篭らず、外に逃げます。

窓を閉め切った夏場の車内温度も、40度台程度までしか上がりません。

40度台は熱中症になる温度ですが、窓を全開にして走行すれば我慢出来るレベルです。

軽トラックと聞くと、田舎の老夫婦が農作業で使うイメージが強いです。

その場合はほとんどが近距離移動です。

近距離移動なら車も痛まず、普通に20年ほど使えます。

そのような背景もあるので、軽トラックは車の寿命が長く、値落ちしません。

中古車オークション相場も高値で推移しています。

新車価格も安く、エアコンパワステレスなら車輌本体価格70万円台からあります。

エアコンパワステを付けても、90万円台程度です。

トラックの場合、普通車と比べると走行距離が多いです。

普通車の場合、年間の平均が1万キロから1万2年キロ程度です。

これがトラックになると、年間の平均が3万キロを軽く超えます。

そして逆に軽トラックは、普通車より走行距離が少ないです。

年間の平均が5千キロを下回ることも珍しくないです。

そうなると10年落ちでも5万キロ以下の車が見つかります。

ただ、そのような車は需要があるので高価です。

オークション相場でも、10年落ち5万キロ以下なら30万円以上になる場合も珍しくないです。

その車を小売するとなると、車両本体価格が50万円前後になります。

新車が90万円以下で買える車が、10年落ちで50万円です。

お買い得感はありません。

そのような車が当たり前のように流通しているのが、軽トラック市場です。

軽トラックは新車で購入するのがもっともお買い得です。

走行距離が伸びない使い方であれば、10年後の売却価格も期待出来ます。

軽トラックは本当に値落ちしません。

トラック売却時の注意点

トラックと一言で言っても、様々な種類があります。

普通のトラックだけでなく、

  • ダンプ車
  • パワーゲート付
  • 冷凍冷蔵車
  • ユニック付

等です。

そしてトラックで高額査定になるのが、パワーゲートやユニック付といった架装を施した車です。

このようなトラックは普通のトラックと比べて高額査定です。

特にユニック付は潜在的な需要が高く、20年落ちの30万キロオーバーの車でも高額買取されています。

そのような車の高額査定の理由は、架装にあります。

新車に新品のユニックを装備するとなると、追加費用が数百万円コースになります。

荷台を短く加工してユニック搭載スペースを設け、ユニックを設置する。

さらにエンジンから動力を取り出すため、トランスミッションにも変更を加える必要があります。

とにかく大掛かりな仕事になり、納期も延びます。

ですが中古車なら、架装済みの状態で販売されます。

長い納期もありません。

納車してすぐに仕事で使用出来ます。

そのような車はトラック中古車市場でも高値取引されています。

ここで注意するのは、追加架装のユニックに不具合が無いことです。

不具合があれば直すのに時間と費用が掛かります。

追加加装に大きな不具合が発生して、その修理費用が高額なので車を買い替えるのなら仕方ありません。

ですが小さな不具合であれば、直したほうがいいです。

小さな不具合の修理費用より、追加架装がきちんと動作することのほうが査定額プラスの幅が大きいです。

多少の不具合であれば、直してからの査定のほうが確実にプラスになります。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

国産トラックの需要は普通車に比べて関心が低いので、あまり知られていません。

ですが中古車市場でも幅広い需要があり、オークション相場も高値で推移しています。

それは需要より供給数が少ないことを意味するので、普通車のようにお買い得な1台が見つかる可能性は低いです。

それを逆に言えば、今お使いのトラックは需要があるので高額査定になる可能性も高いです。

中古車価格が安い車を見つけるのではなく、今お使いの車を高く売るほうが効率的です。

ここで紹介したサイトを利用して、トータルコストを抑えた買い換えをしましょう!

コメント