水没車は買取してもらえる!おすすめできる買取業者の選び方とは?

水没車は、車体へのダメージも見た目以上に大きいもので、通常ではなかなか値段がつかないものです。

しかしそんな水没車であっても、買取業者の選び方を少し工夫するだけで、しっかりと買取ってもらうことが可能です。

また買取金額についても、より高い金額を目指せるようになるでしょう。

ここではそれらの点について、どのような選び方をすれば、より高い買取金額を実現できるのかについて、おすすめの買取業者も含め、詳しく紹介していきます。

賢く買取業者を選び出すためにも、ぜひお役立てください。

水没車とは具体的にどんな車のこと?

まず、水没車とは具体的にどういった車なのかについてですが、こちらはJAAI(日本自動査定協会)によって、しっかりと水没車の定義が決められています。

簡単にその定義について紹介すると、「車内のフロアにまで浸水してしまった車」、「浸水してしまった形跡がみられ、商品価値が下がってしまった車」となります。

また具体的な状態としては、以下の項目に該当するような車となり、査定ではそういった車を水没車として判断しています。

  • 本来では起こりえない箇所のサビや腐食(シートベルト付近やペダル付近など)
  • 本来付着しない箇所に泥水のシミやカビの付着、または臭いがある(シートやメータ―類など)
  • アルミ製部品の腐食
  • 機器の動作不良やくもり

水没レベルによって査定額に差も

水没車の買取はできますが、どの程度水没してしまったのかによって、査定額は異なってきます。

また、査定額が下がるからといって、水没してしまった車に乗り続ける方もいますが、その選択は避けた方がいいでしょう。

ここでは、それらの具体的な内容について紹介していきます。では早速みていきましょう。

査定にかかわる具体的な水没レベルとは

水没車の査定額は、通常の中古車の査定額に対して、水没レベルに応じた減額率を適用して決定します。

そのため、水没車は買取ができたとしても、通常の中古車と比較して、それなりに安い買取金額となります。

また水没車の定義と同様で、その水没レベルについてもJAAIが査定基準の目安を定めています。

その具体的な基準については、以下の表にまとめていますので確認しておきましょう。

水没した水面の位置 減額率
フロア付近まで 30%以内
シートの上まで 40%以内
ダッシュパネル付近まで 50%以内

参照:JAAI(中古自動車査定基準及び細則(Ⅰ)

そのまま水没車に乗り続けると?

前の項で、車の水没レベルによって査定額には開きがあり、またその額も下がることはお分かりいただけたでしょう。

また中には、「そこまで金額が下がるなら、いっそのこと乗り続けてしまおう」と考えた方もいるかもしれません。

しかし先にお伝えした通り、その選択はおすすめとはいえないのです。

というのも、一度水没してしまった車では、一時は問題なく動いたとしても、内部の部品は時間とともにさらに腐食していきます。

それが海水の場合では、腐食するスピードも上がってしまうでしょう。

そうなれば、走行途中にエンストが突然起こり、衝突事故のリスクが高まるだけではなく、最悪の場合では、車両火災にまで発展してしまい非常に危険です。

また、水没により泥によるシミや、カビも大量に発生するでしょう。

それらの臭いも、簡単には取れるものではなく、長期間にわたり残ることとなります。

水没車でも買取ができる業者とは

水没車の買取をしてほしいと考えた際に、普段お世話になっているディーラーに頼むという選択肢があるでしょう。

もちろん車の状態が良ければ、下取りをしてくれる可能性もありますが、その額は安すぎるか値段が付かないことが大半でしょう。

状態がひどい場合では、処理費用を負担することすらあります。

次の選択肢として浮かぶのが、車の買取業者に依頼することでしょう。

ここで注意しなくはならないのが、車の買取業者には大きく2種類あるということです。

1つ目が中古車専門の買取業者、2つ目が廃車専門の買取業者となり、水没車の買取をしてもらうのであれば、2つ目の廃車専門業者を選ぶようにしましょう。

その詳しい理由については、次の項で紹介します。

廃車専門の業者なら買取が可能

中古車専門の業者に買取をしてもらうことも不可能ではありませんが、ほとんどのケースで安すぎる買取金額か、そもそも金額がつかずに断られてしまう結果となります。

その理由も、水没車は故障のリスクも高いため、国内で再販しても需要自体が少なく、そう簡単には買い手が見つからないことにあるでしょう。

一方の廃車専門の業者であれば、そもそも国内で再販をすることは、ほとんどありません。

また驚くことに、ディーラーや中古車専門の買取業者に頼むより、買取金額が高くなるケースがほとんどです。

そのため、水没車の買取を考えているのであれば、損をしないためにも、廃車専門の業者にお願いするようにしましょう。

なぜ水没車に値段がつくのか

では、なぜ需要の少ない水没車に値段がつくのでしょうか。

この答えについては、主に廃車専門の買取業者側の技術と販売ルートにあります。

まず、廃車専門の買取業者では、買取った水没車を分解し、部品を取り外せるスキルがあることが大半です。

また水没車といっても、すべての部品がダメになっているケースは少なく、何かかしらの部品はキレイにすれば再利用できる状態に蘇ります。

そのため、そういった再利用が可能な部品を、商品として売ることができるのです。

さらに、国内では需要のない水没車でも、発展途上国ではそんなことはありません。

修理して使用できる状態であれば、高い金額で取引されるほどの根強い人気があるのです。

廃車専門業者は、そういった国への販売ルートを独自に持っているため、たとえそれが水没車であったとしても、高い金額で買取ることができるのでしょう。

水没車をより高く!買取業者の賢い選び方とは

廃車専門の買取業者に頼めば、水没車にも値段が付くことはすでに紹介していますが、せっかく値段がつくのであれば、より高い金額で買取をしてもらいたいものです。

そこでここでは、どういった選び方をすれば、より高く売れる買取業者が見つかるのかについて紹介していきます。では早速みていきましょう。

査定は複数の買取業者に依頼する

査定基準は買取業者ごとに異なるものですので、内容によっては査定額に数十万円の開きがあることさえあります。

そのため買取業者を選ぶ際は、水没車をより高く買取ってもらうためにも、複数の買取業者に査定を依頼するようにしましょう。

また、後に紹介する車の一括査定サイトを利用することで、各業者の簡単な査定結果を確認することができます。

まずは、その時点で3社ほどに候補を絞ってしまいましょう。

次に絞った候補それぞれに出張査定を依頼し、正確な査定額の提示をしてもらうことが重要となってきます。

ネットで完結できる簡単な査定と、業者が実際に目視できる出張査定では、当然ながら金額は異なってきますので、出張査定で提示された査定額をもとに、各買取業者は比較するようにしましょう。

どこをみる?水没車の買取業者選び3つのポイントとは

買取業者の候補を絞る際には、いくつか見るべきポイントがあります。

また、ここで紹介する判断ポイントを押さえておけば、より高く売れる買取業者も見つかりやすくなりますので、しっかりと目を通すようにしてください。

では、3つのポイントについて順にみていきましょう。

①自身の住む地域に対応しているか

買取業者では、車両を引き取りに行く作業もあるため、対応しているエリアが限定されていることも少なくありません。

そのため、自身の住む地域が買取業者の対応エリア内なのかについては、初めの内に確認しておく必要があります。

②出張査定費用やレッカー代は無料か

水没車を可能な限り高く売りたいと考えているにも関わらず、依頼する買取業者のことをあまり調べていないばかりに、レッカー代や出張査定の手数料がかかってしまったというケースもあります。

それらの作業にかかる費用は、そう小さくもないので、なるべく無料で行ってくれる買取業者を選ぶようにしましょう。

③買取金額の内訳はどうか

車の買取では、車両の買取金額以外にも、自動車税の還付金を上乗せしてもらえるケースがあります。

もちろん、これは水没車の場合でも例外ではありません。

また、その具体的な条件については以下のような項目となりますので、しっかりと確認しておきましょう。

  • 普通車であること
  • 廃車手続きが完了していること
  • 未経過分の自動車税が月単位であること(廃車の翌月から3月までの期間)

上記のすべてに当てはまる場合では、自動車税の還付を受けることが可能で、大体のケースでは、買取金額にそれ相当の金額が上乗せとなります。

しかし、中には還付予定金額よりもはるかに下回る金額か、そもそも自動車税の還付がされていないケースもあるため、内訳についてはしっかりと確認する必要があるでしょう。

希望の買取金額は伏せる

候補となる複数の業者に出張査定を依頼し、正確な査定金額が出そろったところで、次に行うべきは査定金額の交渉です。ここで注意が必要で、買取業者に対しては自身の希望買取金額を伝えてはいけません。

金額交渉において伝えるべきは、他社の実際の査定額と、それを超えることができるのかの質問だけにしましょう。

ここはあくまでも、事実に基づいた内容でなくてはいけません。

こういった内容を伝えることで業者同士を競わせ、水没車であってもより高い査定額を引き出すことができるでしょう。

しかし、他社の査定額を超えることができるかの質問は、各社1回ずつとしてください。やり過ぎは何ごとも禁物です。

水没車の買取をしてもらう時はコレに注意!

水没車の買取をしてもらう際は、売り手側が絶対にやってはいけないことや、買取業者との面倒を避けるための対策について、トラブルを未然に防ぐためにも事前に把握しておくことが大切です。

ここで紹介することは必ず守るようにし、水没車の売却をスムーズに行えるようにしましょう。

水没した事実を隠してはいけない

水没車の売却を希望する方の中には、買取金額が下がるからと、水没の事実を隠す方が少なからずいます。

しかし、虚偽の申告をすることは、決しておすすめできません。

それが、どんなに水没によるダメージが少ない場合であっても同様です。

というのも、契約時の書類には虚偽申告についての項目もあるため、後から発覚してしまえば、それに対する損害賠償を請求されることとなります。

せっかく高く売るために、買取業者に依頼しているにもかかわらず、損害賠償を請求されては元も子もありません。水没した事実は隠さず、正直にすべてを伝えるようにしましょう。

曖昧な返答は避ける

買取業者の中には、出張査定の際に強引に売却を迫る業者も、残念ながら存在します。

そういった業者に対し曖昧な返答をしてしまうと、売り手側としては、その後の面倒なやり取りを強いられてしまうこともあるでしょう。

とはいっても、初めのうちから悪質な業者を見抜くことは難しいため、水没車の買取業者が決定するまでは、「もしかしたら、そちらで売るかもしれない」といったような、曖昧な返答は避けるよう徹底する必要があります。

また、売却の意思がないのであれば、わかった時点でハッキリとその旨を伝えるようにしましょう。

水没車の一括査定はどこで?おすすめ買取業者とは?

ここでは数多く存在する買取業者の中から、効率よく水没車の買取をしてもらえる業者を見つけられるよう、おすすめの一括査定サイトと、廃車専門の買取業者を紹介しておきます。

また、時間が経てば経つほど、水没車の価値は下がるものですので、なるべく手間をかけない業者選びのためにも、ぜひお役立てください。

一括査定で比較!カービュー

まず水没車を買取ってもらうために、ある程度の候補を絞る必要があると先にお伝えしました。

そこで役立つのが、簡単な項目を入力することで複数業者の査定額をまとめて比較できる、一括査定サイトの「カービュー」です。

カービューはヤフーの子会社が運営しているため、その信頼性に申し分はないでしょう。

また、利用料金が無料なことはもちろん、最大8社の査定をすることが可能です。

そのため、まずはカービューで相場の把握や、候補の絞り込みをしてみるといいかもしれません。

参考:https://kaitori.carview.co.jp/jiko/

それでも迷う?廃車専門のおすすめ買取業者とは

一括査定サイトで候補を絞るといっても、なかなか手間がかかり面倒に感じる方や、中には複数の候補から絞り込めないという方もいるでしょう。

ここではそんな方のために、廃車専門のおすすめ買取業者を紹介しておきます。

また各買取業者の特徴にも触れておきますので、水没車の売却先を決める際の参考としてみましょう。

安心の実績!タウ

事故車専門で買取を行う「タウ」は、なんといってもその実績の高さによる安心感があることです。

また楽天リサーチによれば、事故車買取シェアにおいてトップを飾っており、全国で毎日100台以上の事故車買取を実現しています。

さらに、レッカー代や名義変更などの手数料も一切かからないうえ、買取エリアについても全国対応していますので、タウは候補のひとつとして入れておくと良いでしょう。

サービス特徴
・  全国対応

・  無料で出張査定から車両保管までをしてもらえる

・  出張査定で提示した額が後で減額される心配がない

・  税金還付に対する手続きを売り手側で行う必要がない

参考:https://www.tau-reuse.com/

丁寧なサポートで安心!はなまる

各メディアからも紹介されている「はなまる」も、出張査定にかかる費用が請求されることはありません。

また、はなまるの最大の特徴は、充実したサービスにもあります。

水没車などの事故車買取はもちろん、売却後のレンタカーの貸出を行うほか、新車や中古車の購入までもサポートをしてくれるでしょう。

丁寧で幅広いサポートが強みのはなまるは、水没車の買取について不安がある方にとって、特に心強い味方となってくれそうです。

サービス特徴
・  全国対応

・  無料の出張査定の他、急ぎの方に対応した画像査定もある

・  ローンが残っている場合のサポートも充実

・  売却後のレンタカーの貸出や車の購入までもサポート

参考:http://www.hanamaru870.net/

最短当日引き取りもOK!ハイシャル

0円以上の買取保証のある「ハイシャル」では、車両の状態やエリアによっても異なりますが、午前中に連絡をすることで当日の引取りにも対応してくれます。

そのため、水没車を今すぐにでも現金化したい方にとって、特におすすめの買取業者となるでしょう。

また、廃車にかかわる書類手続きの費用がかからないことに加え、車検証の紛失などに対しても、追加費用がかかることなく対応してくれます。

サービス特徴
・  全国対応

・  レッカー代など全ての費用が無料

・  最短当日の引取りが可能(午前中の連絡が必要)

・  廃車手続きや車検証の紛失に関する書類手続きが無料

参考:https://haishall.jp/

水没車の買取業者は賢く選んで得をしよう

水没車ではダメージもそれなりに受けているため、買取がむずかしいと考えるのも無理ありません。

それゆえ、お金をかけて廃車手続きする方や、普段お世話になっているディーラーに頼むなどして、損をしてしまっているケースが多いのでしょう。

もう一度お伝えしますが、水没車は廃車専門の買取業者に依頼することで、より高額な買取金額が期待できます。

ここで紹介した買取業者の選び方や、査定金額の交渉を行うことで、さらに高い買取金額を目指すこともできるでしょう。

水没車はお金になるのですから、買取業者は賢く選んで、より得をしていくことが大切です。

コメント