「速度オーバー!」オービスでアウトになる速度はどれくらい?

皆さんは車を運転しているときに「オービス」と呼ばれる機械を気にしたことがあるでしょうか。

道路の端や道路をまたぐように頭上にカメラが設置されていたりと、いろいろなところにあります。

しかし、このオービスというものを知らないで運転していると、スピード違反で検挙されて、違反の点数や反則金または罰金の納付ということが降りかかってきてしまいます。

今回は、オービスとはどういうもの?ということから、その対策やオービスの最新技術までご紹介します。

オービスってなに?

「オービス」という言葉を耳にすることはあっても、それがなんだか詳しくは知らない、という方は結構いるのではないでしょうか。

オービスとは、正式には「自動速度取締機」といい、その名のとおり道路に設置されているカメラで速度超過の車を撮影し取り締まるためのもので、カメラに速度超過したことが収められてしまうと、後日超過速度と警察署または裁判所への出頭を求める手紙が自宅へ届いてしまうのです。

もしこの手紙が届いたら、素直に出頭場所へ出向いて反則金(または罰金)の納付をしましょう。

このオービスはかなり高精細なカメラを使っているので、出頭場所でとぼけても写真を見せられると、とぼけていた人はことごとく無言になり反則金(または罰金)の納付に応じるくらいの性能を持っています。

では、速度を取り締まる機械はオービスだけなのでしょうか。

速度取締はオービスだけ?

今現段階では、速度を取り締まる機械はオービスだけとなっていますが、今後Nシステムを取締に活用していこうという意見もあります。

しかし、Nシステムを改良して速度取締として使うには、機械の改良やシステム改修が必要になり、かなりの金額・期間が必要となるため、すぐの適用ということは難しいということが一般的な考え方です。

Nシステムってなに?

Nシステムとは、警察が犯罪捜査などに使うということが主な目的となっており、主に

  • 逃走した犯人の車を特定する(ナンバープレートや顔を撮影できる)
  • 車を使った犯罪の場合、検問などを実施して渋滞の回避や早期犯人検挙をする
  • 「見ているぞ」という意思表示をすることで、犯罪の抑制

という大きく3つの目的をもって設置されています。

尚、Nシステムはカメラのある所を通過する車は「すべて」撮影されます。

撮影されたからといっても何もしていないのであれば、特段びっくりオドオドする必要はありませんよね。

オービスとNシステムの見分け方

では、オービスとNシステムはどのように見分ければ安心できるでしょうか。

見分け方にはいくつかポイントがあります。

オービスとNシステムの見分け方
項目 オービス Nシステム
カメラ あり あり
カメラ横のストロボ あり なし
カメラの大きさ 大型 小型
カメラ横のパトライト あり なし
事前警告板 あり なし
カメラ直前の白線 あり なし

と、これだけの違いがあるので、軽く覚えておくと「あ、カメラだ!どっちだ?」と考えなくてもよくなるので、気持ちが楽になりますね。

オービスの対策はあるの?

では、オービスに引っかからないような対策はあるのでしょうか。

一番の安全対策は法定速度で走ることですが、周りの流れが速いと自分だけ法定速度では迷惑になる…と考えてしまうのもうなずけます。

そこで、オービス対策を2つお伝えします。

実はこの先にオービスがあることを親切に教えてくれていた!

先ほどのNシステムとの違いを記した表にも書いてありますが、実は、オービスが設置されている道路には、オービスから2-3km手前から青い看板で白文字の「スピード注意 自動速度取締機 設置区間」と丁寧に教えてくれています。

この看板を見つけたら、「2~3km先に“必ず”オービスがある」と思ってください。

丁寧に教えてくれている以上、それを無視して高速で走っていれば当然検挙されますので、十分に注意しましょう。

対策と言えばコレ!!

そしてもう一つの対策は、市販の取締機対応レーダー探知機です。

いろいろなメーカーからたくさんのレーダー探知機が販売されていますので、カー用品店やインターネットで検索してみるとよいかもしれません。

単にオービスを探知して教えてくれるものから、Nシステムがあることを教えてくれるもの、覆面パトカーやパトカーなどで使っている無線を感知し警察車両がいることを教えてくれる、そして検問を感知して教えてくれるなど、多彩な機能を搭載したモデルまであります。

ただし、このような探知機は「絶対ではない」ので、あくまでもサポートとして使う分にはいいのですが、あまりに頼りすぎてしまうとよろしくはないので、まずは安全運転を心がけましょう。

オービスが感知する速度と違反

さて、ではオービスはいったいどのくらいの速度から感知するのでしょうか。

そして、スピード違反をしてしまったとき、その違反とはどの程度のものなのか、といったことが最も気になるという方も多いのではないでしょうか。

感知開始速度や違反をしてしまった時の処分内容などを見ていきましょう。

オービスが光る速度の目安はどのくらい?

オービスが反応する速度は、実は白バイのような有人での取締に比べると甘めと言われています。

有人取締の場合は、20km/hオーバーくらいから速度計測が行われ超過が認められると検挙となりますが、オービスは30km/h以上の速度違反で反応するということが一般的です。

ちなみに、後ほど表を見てもらえるとわかりますが、一般道の30km/hオーバーは一発免停です。

しかし、中には20km/hオーバーでオービスが反応したという人もいますので、これ以上はNG!という明確な線引きは難しいのが現状です。

オービスはMAX何km/hまでなら反応する?

すこし前までは、「オービスは200km/h以上は反応しない」ということがまことしやかにいわれていたこともありましたが、現在は200km/hを超えても測定されるので、今の日本でオービスの反応なしというスピードを出すことは難しいです。

実際に、先日235km/hで走行してオービスに検知されて逮捕されたというニュースが駆け巡り、びっくりした方も多いと思います。

これによって、「オービスの測定速度は上限なし」という考えが改めて広まっています。

速度超過の点数と反則金一覧

では、オービスに測定をされ速度超過ということで警察からの出頭命令を受け取った場合はどのくらいの罰則になるのでしょうか。

一般道 違反点数・金額
速度 点数 区分 金額
1-14km/h 1 反則金 ¥9,000
15-19km/h 1 反則金 ¥12,000
20-24km/h 2 反則金 ¥15,000
25-29km/h 3 反則金 ¥18,000
30-34km/h 6 罰金 30日
35-39km/h 6 罰金 30日
40-49km/h 6 罰金 30日
50-km/h 12 罰金 60日
高速道路 違反点数・金額
速度 点数 区分 金額
1-14km/h 1 反則金 ¥9,000
15-19km/h 1 反則金 ¥12,000
20-24km/h 2 反則金 ¥15,000
24-29km/h 3 反則金 ¥18,000
30-34km/h 3 反則金 ¥25,000
35-39km/h 3 反則金 ¥35,000
40-49km/h 6 罰金 30日
50-km/h 12 罰金 60日

この表を見てお分かりいただけるかと思いますが、高速道路よりも一般道の方が厳しくなっています。

もともと、高速道路はある程度の高速運転が可能な道路なので、このようになっていますが、一般道は速い速度を出す必要性がないので、その分適用速度も低くなっています。

また、点数6点以上になると、いわゆる「赤切符」と呼ばれる赤い紙が届きます。

この赤切符をもらうと、6点の違反であれば30日の免許停止、12点の違反であれば60日の免許停止となってしまいます。

そして、6点以上の違反は反則金ではなく罰金となり、「前科」がついてしまい、罰金額は様々ですが、おおよそ6-8万円という金額が多く見受けられます。

尚、6点以上の違反は警察署ではなく「簡易裁判所」へ出廷しなければならなくなりますので、時間もお金もそして免許も無駄になりかねないので、速度は守って安全運転しましょう。

赤切符を切られてしまった時はどうすれば?

速度超過で6点以上となり赤切符をもらってしまった…そんなときに必要なことを知っておくと慌てずに済みます。

裁判所からの呼出状が届く:そこに書いてある日時・出頭裁判所を確認しその日時に裁判所に行きましょう。

  • 持ち物:免許証・呼出状・印鑑(シャチハタはNG)
  • 服装:おとなしめの服装がよいです。反省をしているという態度を示しましょう。

ここで注意ですが、裁判所まで車で行って車で帰ってくることは可能です。

免許停止は、「免許センターに免許を返した(預けた)日から」なので、裁判所に行った日からではないので注意しましょう。

また、罰金はその場で払うのではなく後日払いなので、現金をもっていかなくても大丈夫です。

最近話題の「移動式オービス」って?

2018年後半になって、「移動式オービス」というものがクローズアップされてきているのをご存知でしょうか。

この移動式オービスというものが、なぜ注目を集めているのか。そしてどう気を付けていけばいいのかといったポイントを押さえましょう。

移動式オービスの正体

オービスは普通大掛かりな装置とともにカメラやストロボなどが一緒に設置されていて、固定されているものがほとんどです。

しかし、2014年ごろから今までに比べるとはるかに小型で軽量化され、持ち運びができるという画期的なオービスの運用が始まりました。

なんと設置時間たったの2時間!しかも細い道でも設置ができる優れもの。

このオービスは「ゾーン30」と呼ばれています。

「ゾーン30」とは、法定速度30km/hとのころでも取締ができるという意味で、今までは大きな幹線道路など、ある程度のスペースが確保できる場所でしかオービスによる取り締まりができなかったのがこれにより解決できたということになります。

形状はいたってシンプルで、

  • 速度を計測するレーダー照射機
  • ストロボ
  • カメラ

これだけです。

これらが持ち運びできるようにコンパクトに1つにまとまっていて、道路の隅に多少見えるように、ちょこんと置いてあるものもあれば、電柱や標識に隠しておいてあることもあり非常に見えづらくなっています。

近年は道路渋滞が激しくなっていて、どうしても生活道路へのいわゆる「抜け道」を使う人が多く、そこでのスピードの出しすぎといったことが問題視され、このような新型オービスが開発されています。

常設のオービスは撮影されるとストロボが赤く光りますが、この移動式オービスは赤や白とストロボの色はバラバラです。

全国どこでも使われている?

移動式オービスは全国にあるのでしょうか。

正解から言いますとまだ限られたところにしかありません。

ではいったいどこにあるのか、ということが気になるところですが、現在は下記都道府県に設置されています。

  • 北海道
  • 岩手県
  • 秋田県
  • 東京都
  • 埼玉県
  • 神奈川県
  • 栃木県
  • 長野県
  • 岐阜県
  • 愛知県
  • 富山県
  • 静岡県
  • 兵庫県
  • 香川県
  • 宮崎県
  • 大分県

といった。

16都道府県となっており、今後も増えていくということが見込まれます。

移動式オービスの対処法は?

「あれ!?昨日なかったところに今日は妙な機械が置いてあるぞ!?」ということが今後たくさん起きるかもしれない新型オービスですが、対処法はあるのでしょうか。

通常のオービスと同じようにレーダー探知機はきちんと探知してくれるのか、そしてとっておきの秘策もあるかもしれません。

レーダー探知機はきちんと探知してくれる?

レーダー探知をしているのなら、車につけている探知機でもきちんと反応して教えてくれる?という疑問をたいていの方は持つのではないでしょうか。

結論から言えば「ケースバイケース」なのでわからない、ということです。

なぜケースバイケースなのかといいますと、まさに今販売されている最新のレーダー探知機で新型オービスに対応していれば探知することは可能ですが、過去に購入しアップデートしても対応できないというレーダー探知機も存在します。

そういった非対応のレーダー探知機をこの新型オービスにも対応させたいということであれば、面倒ですが再度購入するほかありません。

もし新型オービスにも対応しているレーダー探知機が欲しい!というかたは、カー用品店やインターネットで探してみると出てきますので、一度探してみることをおすすめします。

しかし、実はそれよりももっと効果のある対処法がある、ということをご存知でしたか?

それは、「法定速度を守って走ること」。これに尽きます。

法定速度を守って走ればレーダー探知機もいりませんし、オービスも怖くありません。

まとめ

速度超過。

つまりスピード違反ですが、気を付けていても知らない間にスピードが出ていた、なんてこともあるのではないでしょうか。

235km/hのスピード違反で逮捕されたということがあったと書きましたが、ここまでではなくとも10km/hオーバーだからまだ平気、20km/hだからそろそろ気を付けるとかではなく、法定速度を守って走るように心がけていればオービスも怖くありません。

オービスは検挙するためのものではなく、あなたに「スピード出てませんか?」と気づかせてくれるものであると考えてみると、ちょっとありがたいものに感じてくるかもしれません。

まずは一人一人が安全運転を心がけて、今日も楽しいドライブをしてみませんか?

コメント