jac(ジャック)での車買取の評判は?特徴・買取手順まとめ

  • 「jac(ジャック)って知ってる?」
  • 「ああ、ジャックね!知ってるよ!中古車のお店でしょ?」

こういう会話が出来るのであれば、それは関西地方ということになります。

jac(ジャック)は関西地方(主に京阪神)で展開する中古車買取店のことで、関東地方や東日本では店舗がないため、東日本の方にはなじみがないかもしれません。

ここまで限られた地域で営業しているジャックという中古車店、「あまり知らない」となると「知りたくなる」というものです。

今回は、知る人ぞ知る中古車買取店「ジャック」についてみていきましょう。

jac(ジャック)ってどんな会社?評判はいいの?

さて、京阪神地区に展開する「jac(ジャック)」とは一体どんな会社なのでしょうか。

あまりにも聞いたことがないということで不安になる方もいるかもしれませんが、この会社、まだ小さいからこそ、他ではできないことをしっかりと地道にやっていたのです。

jac(ジャック)はこんな会社

ジャックの中身はというと、

  • 会社名:株式会社ナック
  • 設立:1994年9月
  • 店舗数:6店舗(神戸2・大阪2・京都2)

という会社で、設立から24年と中古車買取業の中では中堅の会社です。

そして何より、兵庫・大阪・京都で各2店舗ずつの展開となっているため、関東や東海・九州などではなじみが薄い中古車買取店となっています。

尚、各店には、「プレミアム店舗」という機能があり、このプレミアム店舗は、高級車を取り扱うということではなく、「販売専門の店舗」という位置づけになっています。

ですので、買取だけではなく販売も行っていて、それぞれがしっかりとした機能を持ってすみわけを行っているというところは、大手の中古車販売店とは一線を画しているといっても過言ではないかもしれません。

実はジャックは、一時期まで「カーチス」として全国に展開する大きな会社だったのですが、運営会社が変わり、現在は京阪神エリアのみでの営業となっているのです。

jac(ジャック)の買取評判はいいの?

そんなジャックですが、実際の買取評判はどのくらいのものなのでしょうか。

ジャックは、近畿エリアでは満足度1位となっていて、その理由として、

  • セールスマンの接客力
  • 見積/売却スピード
  • アフターメンテナンス

といったことが満足度を得られています。

全国規模になると評価順位は下記に落ちてきますが、それは京阪神エリア6店舗でしか営業していないので、ほかの中古車販売店と一概に同じ土俵で見ることは難しいですね。

車を売るときに気になるのは「他社がどのくらいの金額を出してきたのか」ということを気にする査定士やセールスマンがいるということです。

ジャックはそこを一切気にしないスタイルで、多少遠くても出張に来てくれて、正直な金額とその理由をしっかりと伝えてくれるので、安心感が生まれて任せることができた、という声もあるくらいです。

腹の探り合いをせずとも、査定額も高めということも安心材料の一つとなっています。

良い評判もあれば悪い評判も・・・

そんな「ユーザーにやさしいジャック」もいい評判ばかりではなく、時に悪い評判も得てしまうことがあります。

いい評価では「セールスマンの接客力」というものがありましたが、実は悪い評価では「セールスマンの対応」というものがあります。

これは、正直当たりはずれや相性というものがあるので、一概にあれがダメこれがダメということではないですが、いいことも悪いこともセールスマンと自分がどこまで価値観が合うか、といったことで左右されてしまうので、あくまで「参考」レベルにとどめて、あとはあなたの感性に従って判断したほうがよさそうですね。

jac(ジャック)の特徴はコチラ!

ジャックは少店舗展開ながら、他の大手チェーン展開をしている中古車販売店とは一線を画したやり方で顧客の心をグッとつかんでいます。

そのやり方とは一体何なのか。

お店や会社が大きくなるとついつい忘れてしまうことをしっかりとやり続けているということを気にしながら読んでみてください。

業界の常識はjac(ジャック)の非常識?

これまで中古車業界は、

  • 価格を決める:買取側
  • その価格で判を押して売る:売り側

という傾向が非常に強くありました。

これまで、「○○円です」といわれて納得がいかなくても、値段が変わらなかったり、変わったとしてもほんの千円くらい…ということが多くありました。

中古車買取に対して「適正価格」という概念が少なかったのです。

そこでジャックは、独自の「中古車査定システム」を開発して、中古車の価格や価値を目の前に出せるようにしてきたのです。

そして、これが功を奏し、現在多くの会社で「中古車買取適正価格」が適用されるようになっているのです。

どこの目線でモノを考えるのか、といった原点回帰をした結果、現在の中古車買取のしくみの一端を担ったのがジャックだった、ということです。

地域密着だからこそできることがある!

ジャックは京阪神6店舗のみの地域密着型の中古車買取店。

だからこそ、大手のチェーン店では難しい、ジャックならではの細かなサービスや気配り、そしてアフターサービスなどが可能となっています。

20年以上も営業をしていると、「ジャックで車を買ってジャックで車を売る」というサイクルの方もでてきており、まるで新車ディーラーのような扱い方をされることもあります。

また、ジャックのことを気に入った方が別の方を紹介してといった、口コミをメインとした集客を強みとしていることから、非常に優良顧客が集まりやすい仕組みにもなっているため、買取価格や販売価格といった面でもかなり頑張ってくれている、ということが評価にもつながっています。

jac(ジャック)の最強の強みとは?

「最強の強み」同じ言葉が並んでいますが、それだけ自信をもっていえる強みでもあります。

ジャックの代表は「ドクター(お医者さん)」になるのが夢でしたが、今は中古車買取店の代表となっています。

その夢は、いろいろな方の車を探したり、車を手放す際も要望を満たしたり、アフターケアーをしたりと、いわば「車のドクター(お医者さん)」になっています。

そして、査定士は相当の勉強をしているのでなんでも知っているので、遠慮なくガンガン質問してみてください。

中古だけでなく新車の相談もOK!もともとカーチスだったこともあり、査定士や車の在庫などの情報は日本全国の在庫・ネットワークをフル活用できます。

そういった在庫状況を見ながら査定もできるので、希望価格で査定が完了するということもしばしばあります。

jac(ジャック)の買取ってどういう流れ・手順なの?

いざジャックで車を売ろう!と決めても、その流れが理解できないとちょっと不安にもなってしまいます。

そこで、ジャックで車を売るとき、査定依頼に始まって、車の売却代金の入金までの流れを説明します!

買取依頼

ジャックの買取依頼はこの3つの方法のどれかで依頼します。

  • ネット査定
  • 出張査定
  • 店頭査定

ネット査定はとんでもないスピード!?

ジャックのネット査定は、なんと「45秒」で入力ができるという驚きのスピード査定です。

このページ(https://jacnet.jp/site/inquiry/?pt=kaitori&st=1)の米印を埋めるだけ(9項目)で完了とあって、すごく簡単です。

ページの左側にかわいいキャラクターが書かれた漫画で流れも説明されているのでわかりやすくなっています。

出張査定は遠くてもOK?

出張査定ときいて、どのくらいの距離までなら来てもらえると思いますか?

実は、これ、正解はなくて、そのセールスマンや会社がOKとすればどこまででも行けるのです。

しかし、現実はカバー範囲が決まっていて、それよりも出てしまうと車を売りたい方が、お店までもっていって査定をしてもらわなければならなくなります。

でも、それって結構手間だし、ガソリン使って行って条件が合わなくて帰るということがあったら非効率ですよね。

ジャックは片道100kmでも出張査定に行きます。

100kmどこでも行くのかといわれると胸を張って「YES」とはいいづらいですが、あらかじめ必要事項を入力して査定依頼を出した段階で、「遠くても買い取りたい車だ!」と思えば買取に行きます。

できる限り買取フォームには詳しく書いておくと多少遠くても来てくれる可能性が上がるので、ここは時間を使ってでも詳しく書いておきましょう。

店頭査定は最も効果的な買取ポイント!

WEBでも出張買取もいいのですが、実は車の買取において一番高値で買い取ってもらえる方法は、店頭買取って知ってましたか?

WEBだと大体の金額は出ますが、車の詳しい状態までは分からないので、ぼやっとした金額しかでないですし、出張買取は、出張している費用が引かれてしまいます。

それに比べて店頭買取は、こちら(売る側)から買う側へと赴いてその場で車を見せることができるので、即車の状態もわかりますし、余計な手間暇はかかりません。

そして何より、査定士からすればホームなので、売る側の多少の無茶も聞いてくれやすくなります。

ここで一つポイントは、自分がどれだけその愛車を大切にしていたか、どこを重点的に見てほしいのかということを、猛烈にアピールしてみましょう。

ジャックの査定士は先ほども書きましたがいろいろと勉強したりしているので、物事をたくさん知っています。

アピールしたことがその査定士の知識にはまれば、査定額もアップ!ということもあるので、まずは恐れることなくアピールをしてみるといい結果につながるかもしれません。

査定

いよいよ査定ですが、先ほども書いたとおりポイントがいくつかあります。

  • 店頭/出張査定の場合は、とにかくアピール!
  • 洗車をしておくことがベター
  • 整備記録簿などがあればさらに査定アップ!
  • キズやへこみは直さなくてもOK。
  • 時期をよく考えて売ると価格がかなり変わる?

洗車はしておいた方が損はないと言われています。

査定するのも人ですから、汚い車よりもきれいにされている車の方が「大切に乗ってもらってるんだな」と思ってくれやすいので、その分プラス査定に働きやすいという利点があります。

そして、点検整備簿があれば、どの程度のスパンでオイル交換や部品の交換をしていたかがわかるので、それがあるとさらにプラス査定になりますよ。

キズやへこみは、いざ直そうと思ったら結構な金額がかかってしまうことが多いので、キズやへこみを直すのなら、しっかり洗車やワックスがけをしてあげた方がベターです。

そして意外と大切なのが時期で、車種によっては時期を外すと買取価格が大して上がらないということも起こり得ます。

  • ミニバン:年中通して需要あり。最も需要が高くなるのが2月~6月。入学から夏休みにかけて大きめの車が欲しくなる方が多くなります。
  • オープンカー:4~7月が最も需要が高い時期。夏に向けてほしくなる車ですね。
  • 4WD:厳冬地では冬に大活躍します。地域性もあります。

この様に、欲しいという時期が異なるので、売る車が売れやすい時期がいつなのかと考えると、そこから逆算していけば最も売りやすい時期がはじき出されてきます。

契約・車両引き渡し

そしていよいよ契約ですが、あらかじめ契約までに必要書類を聞いておいて、書類をそろえておきましょう。

そろっていないと車両の引き渡しができないので、その分入金も遅れてしまいます。

書類の不備がなければ、そのまま契約締結です。

あとは、車両の引き渡しの日まで丁寧に車を乗ってあげましょう。

入金

車両の引き渡しが済んだら、最終的に状態の確認をして問題なければ契約書の金額が振り込まれます。

全ての手続きが済んでからおおむね3~7営業日での入金ということが多いです。

ただし、大きく傷をつけてしまったり、へこましてしまったりすると減額になりますので、乗り方には気を付けましょう。

まとめ

ジャックは京阪神地域6店舗と小さいながらも、地域密着を柱に。

大手チェーンではできないサービスを行っています。

そのサービスが実を結んで、新車ディーラーのような扱いになり、お客さんをずっとつなぎ止め、そのお客さんが別のお客さんを呼び込むという、中古車買取店ではあまり見ない構図が生まれています。

そんなジャックが近くにあってちょうど車の売却を考えているという方は、ぜひ一度候補に入れてみて、査定を受けてみてはいかがでしょうか。

きっとこれまでの中古車買取店のイメージはガラッと変わるのではないでしょうか。

コメント