ガリバーでの車買取の評判は?特徴・買取手順まとめ

「車売るなら、ガリバー!!」

このフレーズのTVCMを一度は見たことがあるのではないでしょうか。

日本最大手の中古車販売店が「ガリバー」です。

車で走っているとガリバーを見たことがないという人は、本当にごくごく稀というくらいメジャーな中古車販売店ですね。

さて、ガリバーはどんな会社で、ガリバーで車を買い取ってもらうとどんなオトクなことがあるのでしょうか。

そんなガリバーの実態と秘密を紐解いていきましょう。

ガリバーってどんな会社?評判はいいの?

「車で走っていると看板はよく見るからかなり大きい会社なんだろうなあ」ということは想像つきそうですが、いったいどのくらいの規模なのでしょうか。

会社とその特徴、気になる評判についてみてみましょう。

ガリバーとはこんな会社

ガリバーの基本情報ですが、

  • 設立:1994年
  • 店舗数:550店
  • 従業員数:3,800名
  • 累計取引台数:330万台

まだ24年ですが、累計330万台の取引と全国に550店とは、いかに急成長をしているかがよくわかる数字ですね。

ガリバーの買取評判ってどうなの?

ここまで大きいといい評判が多いから会社として大きくなれているんだろうけど、気になるのは悪い評判…そんな方もいるはずです。

ガリバーの評判、業界最大手だからこそ気になりますよね。

では、良い評判は?

  • 大手だからこそのデータ量
  • 過去の取引実績からの納得できる買取価格
  • 時期、トレンドを押さえた販売価格から逆算した買取価格の適正値

というメリットが挙げられます。

やはり取引実績が多いので、そこから導き出される価格は適正値に近い金額が多いので、会社側にもユーザー側にも無理がない価格を提示されることが多いようです。

また、

  • 「今の時期」
  • 「このタイミングでの人気車種」

などのトレンド分析もできているので、こういったトレンドにハマった車であれば、より高い価格で買い取ってくれることもあるので、ちょこちょこ調べてみると自分の車を高く買い取れるタイミングがあるかもしれませんね。

気になるよくない評判

さて、良い評判があれば悪い評判もあります。

ガリバーではこんな悪い評判を目にしました。

  • 買取依頼をすると、しつこく電話がかかってくる。
  • 店舗スタッフが横柄

と、このような声がありましたが、これが本当だったらちょっと腰も重くなりますね。

しかし、評判というのはその人の感じ方やセールスマンとの相性など、いろいろな要因が考えられるものなので、一概にすべてが信用におけるものではないのです。

果たしてこれらの良い・悪いそれぞれの評判はどこまで信用できるものなのでしょうか。

実際のところ悪い評判は本当?

最近はWEBからの問い合わせが気軽にできるようになったり、中古車買取も一括サイトがあり、いろいろな買い取り業者さんから情報をいっぺんに入手できるようになって、とても便利になりました。

その反面、どの業者さんも自分のところで売ってほしいわけですから、連絡をとってきて、断っても連絡をしてくる業者さんもいるほどです。

ガリバーは昔は「断っても電話してくる」という会社でしたが、最近はいろいろな口コミを見てなのか、一度断るとそれっきりです。

また、スタッフの態度についても非常に良くなっているという口コミが多く見受けられるようになっています。

昔のように「買ってやっている」という“上から”の考えではなく、「車を買いたいセールスマン」も「車を売りたいお客さん」も『対等』である、という当たり前のことが浸透しているということでしょうか。

業界最大手からこのような動きが出ているのは、中古車業界にいい動きだと評価する声もありますので、今後、こういった考え方や動き方が業界全体に広がれば、こういった良くない評判は自然と消えるかもしれません。

ガリバーの特徴は?

買取だけではなく販売もかなり協会しているガリバーですが、買取・販売の両面で多チャンネル展開をしています。

要するに、ただ「買って売る」だけじゃないですよ、ということを示しています。

販売面では、女性向けのサイトを作ってみたり、オークションに出された車を画像検索出来たりと、今までにないものを作っています。

では、買取の特徴はどうなのでしょうか。

日本全国どこでも買い取ってもらえる

やはり、全国550店というこの店舗網は強力な武器といえるのではないでしょうか。

ガリバーのウェブサイトで店舗検索(https://221616.com/shop/)をしてみてください。

あなたの家の近くにもガリバーがあるのではないでしょうか。

それだけたくさんの店舗があれば、例えば、どこかの店舗で買取の相談をしていて、「でも今じゃないんだよな…」と中断。

そして、急遽引っ越しをしなければならなくなり、引っ越し先では車が必要なくなってしまったからやっぱり買取、となっても、引っ越し先の近くにガリバーがあれば共有ができます。

多店舗は情報共有については本当に有利ですね。

オンラインで車の査定ができる

ガリバーは無料査定サイトがあり、「35秒カンタン入力」とあります。

確かに「初めてでもあんしん!」と銘打つのも納得できるほどで、画面を見れば誰でも入力できるように、わかりやすくなっています。

入力が苦手な方は、電話からの査定の案内もあるので、こちらでの査定もできるので安心ですね。

最大手の強みを活かした査定ができる!

実は、中古車買取店は得意不得意があります。

A店は軽自動車が得意。

B店は普通車が得意。

C店は高級車が得意。

でも、これでは売る側がどこに査定に出すかを考えないといけないですよね。

さすがにこれはちょっと面倒…ということで、ガリバーは中古車買取店の中でもそれぞれチャンネルを分けることにしました。

LIBERALA:超高級車(フェラーリ・ポルシェ・ベンツ等)を取り扱う。
https://221616.com/liberala/

ミニクル:軽自動車専門店。女性をターゲットにしており、カフェでお茶をしながら商談ができたり、内装も明るめ。子供連れでもいいようにキッズスペースも。
https://221616.com/minicle/

このようにいろいろなチャンネルを作り、その人に適した環境で買取ができるように様々なことにチャレンジしています。

高額買取ができる秘密と売却方法が3つから選べる

ガリバーの買取方法は以前は、査定士が車の状態を見て「○○円ですね。」と金額を出して、それに対してこうしょうをする、という従来の業界では当たり前の買取方法をとっていましたが、時代の移り変わりとともに買取方法も変わりました。

ガリバーが何年も買取金額・台数ともにリーディングカンパニーでいられる秘密と、変わったという売却方法とはどんなものなのでしょうか。

高額買取ができる秘密

ガリバーが高額買取できる理由、どんなことなのかわかりますか?

ズバリ「徹底したコストカット」です。

当たり前と言えば当たり前ですが、業界最大手だからこそできる「徹底した」コストカットなのです。

査定士の査定ポイントはすべて同じにし、今後の相場変動も想定して買取価格をつけることで、今後どういった車が売れるのかということを考えると、目の前の車が今後「高い価値を生むのかそうでないのか」といったことで買取価格が決まってきます。

そして、在庫を抱える=売上・利益が上がらない、という式が成り立ってしまいますので、これを打破するために、全国550店舗で買い取った車の売却と、国内外のオートオークションへの出品ということを積極的に行っています。

この2点を徹底することで、キャッシュフローは回るので高額で買取をすることができるのです。

選べる売却方法

選べる?なにを?と不思議に思った方も多いのではないでしょうか。

  • セールスマンとの金額交渉なし
  • 売却時期は好きに決められる
  • 売却金額も好きに決められる

3つともこれまでの常識が通用しない項目となっていることにお気づきになられたでしょうか。

そうです、ガリバーは中古車買取の常識を打ち破ろうとしているのです。

しかし、これらはどういう意味なのでしょうか。

セールスマンとの金額交渉なし?

今までの買取と大きく違う点は、「次のオーナーありき」ということです。

売りたい人と買いたい人がセットになって初めて売却となるので、車の状態を見て、いくらで買いたいかを買いたい人が提示し、あとは調整です。

確かにお店側との調整はないので、一方的に金額を言われてしぶしぶ契約…ということはなくなるということはかなり大きな一歩といえますね。

売却時期を好きに決められる?

これも買う側の都合に合わせるので、買う人が「すぐ欲しい!!」ということであれば、即引き渡しとなりますが、「2-3か月後で」ということになれば、それまでは車に乗っていられます。

これまでのように、数か月間車がない生活が生まれてしまうという状況を作らなくていいのは本当に助かりますね。

売却金額を好きに決められる?

ここまでくるとお分かりの方がほとんどかと思いますが、「いくらで売りたいか」を提示しておいて、それを買う人が飲むのか飲まないのか、はたまた調整をするのかといった話になります。

どこかに決定権が集中して仕方なく、ということが起こることが少なくなるというだけでも安心して取引ができますね。

もちろん今までどおりの買取方法でも買い取ってもらえますので、相手が見つからなかったらどうしよう…と困らなくても大丈夫ですよ!

ガリバーの買取ってどういう流れ・手順なの?

それではガリバーの中古車買取の手順を解説していきます。

買取依頼

ガリバーで車の買取を依頼する場合は、下記の方法があります。

  • ウェブサイトで査定依頼をする
  • 電話で査定依頼をする
  • 中古車買取一括サイトを使う

この3つのうちのいずれかで査定を依頼すると、店頭か無料出張のどちらかで査定をしてもらえます。

査定の前にここをチェック!

・税金払い終わってますか?

自動車税などの税金はしっかりと払い終わっているかを確認してみましょう。

うっかり払い忘れてしまっていると買取ができなくなってしまいますので、確認はしておきましょう。

・ローン残債大丈夫?

その査定したい車、ローンの残債はありませんか?

ローンの残債が査定価格よりも多いと、手元からお金を出して売らなければならなくなってしまいます。

査定額だけ知りたいという方ならいいですが、本気で車を買い取ってほしいという方は、ローン残債と査定額を見比べて、査定額の方が少ないのであれば、査定額と同じくらいになるようにローンの返済をしておくと、手元からお金が出なくて済みます。

査定

査定依頼をしたら、いざ査定です。

ここで、ガリバーには「プラス査定」という独自の変わった査定方法があります。

これは、メーカー・ディーラーオプションについてもしっかり査定(加算)していくというものです。

本来はこういったオプションは査定対象外となるのですが、ガリバーはこういった小さなものまでしっかりと査定してくれます。

小さなものまで査定をしてくれるということもあって、買取金額が高値になるということも一つ人気の要因です。

売却合意・引き渡し

査定価格にOKを出したらいよいよ売買契約です。

各種書類に記名捺印などをしたら、引き渡し日が決定します。

この引き渡し日までは事故を起こさないように気を付けないと、小さな擦り傷なら問題ないですが、大きな傷やへこみなどを作ってしまうと、査定額が変わることもありますので、十分に注意して乗るようにしてください。

入金

ガリバーは入金が速いことでも知られています。

なんと最短2日というスピード入金が可能です。

しかし、下記が条件となっていて、

  • その場で車を引き渡しできる
  • すべての書類がそろっている

ということが大前提となります。

必要書類などはあらかじめ準備できるものなので、本当にすぐに買い取ってほしいという方は、しっかり準備してから査定に行くと、サクっと話ができそうですね。

まとめ

業界最大手「ガリバー」の特徴や査定、そして流れについて。いかがでしたか?

業界のリーディングカンパニーは、新しいことにもいろいろと挑戦していたり、これまでの慣習なども打ち破ろうとしていることがお分かりいただけたのではないでしょうか。

もはや「今までの中古車買取店」という殻を破って新しいステージへ進もうとしているようにも感じられますね。

買取をお願いする立場としても、買い取ってもらうことについていろいろなパターンがあるので、最善の方法で、よりよい条件での買取ができるようセールスマンとのコミュニケーションを図ってみるのもいいのではないでしょうか。

コメント