カービューの口コミや評判を徹底調査!利用実績はトップ

一括査定サイトの老舗で有名なのがカービューです。

自動車関連ブログの『みんから』を運営しているサイトになります。

自動車総合サイトが運営する一括査定サイトの口コミや評判が気になりますよね?

自動車のプロが運営するサイトの実態を調べましたのでご覧ください。

一括査定サイトのカービューはどんなサイト?

新車や中古車購入の時、現在乗っている車をどうするか決める必要があります。

増車や知人に譲るといった場合は特に困りませんが、そのようなケースは稀です。

通常は下取に出します。

年式が古かったり状態が悪い車であれば査定価格が付かないので、そのまま下取が便利です。

ですが査定価格が付く場合は検討が必要です。

『ディーラー下取は買取店の買い取り価格より安い』という認識が最近広まっています。

そんなユーザーは下取に出す前に買取店を廻り、買取価格を事前に調べます。

そして下取価格と比較して、車の処分方法を決めます。

ただ買取価格は買取業者によって異なるので、どのくらいの金額になるのかを把握するのは難しいです。

そこで最近好評なのが一括査定サイトです。

一括査定サイトでマイカーの情報を入力すると、複数の買取会社が買取価格を提示します。

複数の買取価格を比較して、もっとも高値を付けた買取会社に買い取ってもらうのがお得になります。

そんな便利な一括査定サイトは数多くあります。

数多くある一括査定サイトはそれぞれが特徴を持っています。

今回はその中のひとつ、カービューについて触れてみたいと思います。

カービューとは?

カービューは車の一括査定サイトだけではありません。

車の総合情報サイトです。

車に関する多くの情報を取り扱っているサイトです。

カービューを検索すれば、現在お乗りの車の情報も出てきます。

車を売る前に、自分の車がどんな車なのか調べることが出来ます。

さらに中古車情報や買取情報も豊富なので、いざ売るときのセールスポイントも分かります。

車の細かな情報が分かり、一括査定も可能。

カービューは『みんから』という車情報ブログで有名なサイトです。

さらにヤフー自動車とも連携しています。

このヤフーとの連携は大きく、知名度も利用者数も一気に上がりました。

多くの利用者実績があるのが、カービューというサイトになります。

カービューの特徴

カービューの運営開始は2000年5月と、一括査定サイトとしては古参のひとつになります。

買取実績も多く、2016年の利用者数は35万人と、一括査定サイトではもっとも多いです。

一括査定サイト業界ナンバーワンがカービューと言えます。

提携買取業者数は200社以上。

同時最大査定依頼数は8社になります。

最初に入力する項目は、

  • メーカー
  • 車種名
  • 年式
  • 走行距離
  • 氏名
  • 郵便番号
  • 住所
  • メールアドレス
  • 電話番号

の9項目です。

入力に掛かる時間は約1分ほどと短くお手軽です。

全国どこでも対応し、無料で利用出来ます。

カービューの口コミや評判は?

カービューの口コミや評判を調べると、好評な意見が少なく、不評な意見が多いです。

不評なで目立つのが、

『電話対応がしつこい』という意見をよく目にします。

一括査定サイトを利用すると、査定入力すると買取業者から即電話が入ります。

買取会社としては1台でも多く買い取りたいです。

魅力的な車種の査定依頼が入れば、即対応します。

買取業者も必死です。

その必死な買取業者が集まり、競合になることで高値買取が実現します。

特にカービューは提携買取業者数が200社以上と多いです。

その分、査定入力した際に電話が入る業者数は増えます。

一括査定サイトを利用する際は、複数の買取業者からの電話対応は避けられないと思っていただいたほうがいいです。

電話対応は煩雑で、仕事中に電話が入るのは迷惑なのは分かります。

ですがそれがあるからこそ、高価買取に繋がります。

手間暇をかけることにより、高価買取になるとポジティブに考えてください。

カービューのメリット

カービュー最大のメリットは、車の複合情報サイトという点です。

ただ車を売却するだけでなく、売ろうとしている車がどんな車なのかが調べれば分かります。

さらに次に買おうとしている車についても調べられます。

特に『みんから』の意見は貴重だと思います。

『みんから』は一個人が運営するブログを集めたものです。

調べようとしている車の実際のオーナーの声を目にすることが出来ます。

それは車を売る際も、次の車を買う際も貴重な意見になります。

ユーザーの生の声はとても貴重です。

さらにヤフーと連携していることで、利用者数が多いこともメリットのひとつです。

利用者や利用実績が多ければ、多くのユーザーがカービューの一括査定に満足しているという証です。

出なければ利用者は少なく、実績も少なくなります。

利用者が多い=高値買取が期待出来るとも言えます。

カービューのデメリット

カービューのデメリットは、やはり不評の声が多い電話対応の煩雑さになります。

カービューは提携買取業者数が多いです。

その分、査定入力すると問い合わせが入る業者も増えます。

業者が増えれば増えるほど、電話対応は煩雑になります。

特に一括査定を初めて利用される方には、電話の数にビックリされるかもしれません。

ですが逆に考えれば、電話対応が多いということは買取需要が高い車の証でもあります。

その結果として買取業者間での競合になり、高値買取が実現します。

カービューは一括査定サイトの中では歴史が古く、老舗のサイトになります。

その分、利用者数も多いです。

それは高値買取の実績が多いとも言えます。

ただ電話対応が煩雑で高値買取になっていなかったら、利用者数は減ります。

今でも利用者数が多いのは、高値買取が実現している証です。

そのためには電話対応の煩雑さも受け入れているのが実情です。

最初はビックリされるかもしれませんが、一度体験すれば慣れます。

慣れてしまえば自分のペースで複数の業者と買取の相談が出来ます。

世の中にはラクをして莫大な利益を得られる仕事はありません。

煩雑な電話対応という仕事がありますが、それをこなせば高収入になります。

そうやってポジティブに考えれば、電話対応も受け入れられます。

カービューはこんな人にオススメ!

カービューはただの一括査定サイトではなく、車の情報をメインに扱う複合情報サイトです。

マイカーを売る際は、その車の生のユーザーの声や人気等が分かります。

新車を買おうとすれば、その車の試乗インプレッションまであります。

『みんから』という生のユーザーの声。プロによる試乗レポート。

車に関するありとあらゆる情報がカービュー内のみで調べられます。

車に詳しくない方でも、カービューで調べれば大体のことが分かります。

さらにカービューは一括査定サイトの老舗で、利用者数が多いです。

それはリピーターが多いとも言えます。

一度利用して買取額に納得出来なければ、リピーターにはなりません。

リピーターが多いということは、カービューの一括査定にはメリットがあるからとも言えます。

現在、一括査定サイトは数多くあります。

カービューのような老舗もあれば、ユーカーパックのような新規参入サイトもあります。

実績の多い老舗サイトは、それだけで利用する安心感があります。

  • 一括査定サイトはよく分からないけど、愛車を高く売りたい
  • 電話対応が煩雑でも、愛車が高く売れるなら多少の手間は惜しまない
  • 過去にカービューで買い取って貰ったことがあり、その際に満足している

そんなユーザーにはカービューはオススメのサイトと言えます。

カービュー利用時の注意点は?

カービューは提携買取業者数が多い一括査定サイトになります。

その分、一括査定を申し込んだ際の電話対応が多くなります。

この電話対応が日常生活の大きな妨げにならないようにするのが重要です。

例えば仕事の合間に軽い気持ちで一括査定を申し込んだ場合です。

その際は、仕事中に買取業者からの電話がバンバン入ります。

当然ですが、仕事に支障が出ます。

そのような状況は避けるのが賢明です。

あとこれはカービューに限った話ではないですが、一括査定サイトは利用ユーザーと買取業者との仲介役です。

売買契約は利用ユーザーと買取業者間で結ばれるものなので、カービューは介入しません。

もし買取契約でトラブル等があった場合は、カービューは一切の責任を取りません。

全国展開している大手買取業者であれば問題ないでしょうが、地方の小さな買取業者とはトラブルが発生する確率があります。

自動車業者の中には悪徳業者も少なからず存在します。

そのような業者と売買契約を結ぶことになったら、注意が必要です。

ディーラー下取と買取店の買い取りスタンスの違いは?

『ディーラー下取は買取店より安い』、この言葉をよく目にしますし、耳にもします。

それは間違っていませんが、全てにおいて正しいとは言えません。

そもそもディーラー下取と買取店の買取では、目的は全く異なります。

買取店は車を買い取り、その車を中古車オークション等で販売して利益を得ます。

それに対しディーラーは新車や中古車販売で利益を出し、下取り車の販売で利益を出すのは二の次です。

ほとんどのディーラーが新車部門と中古車部門に分かれています。

ディーラー査定の場合、最初の提示額は買取店査定より安いです。

当然ですがお客は納得しません。

そこでお客を納得させるために、値引き交渉になります。

新車ディーラーの値引きの実態

この状態では、ディーラーは値引きのカードを2枚持ちます。

  • 新車の値引き
  • 下取車買い増し

このふたつのカードがあります。

この状態になれば、実はお客は下取価格をさほど重要視しません。

支払額は、

  • 新車価格+諸費用-新車値引き-下取価格=トータル追金

となります。

お客とすれば、トータル追金が納得の額であれば、ディーラー下取を選びます。

そしてディーラー側はお客を納得させるために、中古車部門に下取車の査定書を送ります。

そこで査定額を提示し、中古車部門の担当者に新車側から買い増し依頼が入ります。

ディーラーの査定額=下取価格ではありません。

下取の際は、必ず下取買い増しがあります。

中古車部門は査定書とオークション相場をチェックしながら、買い増し額を決定します。

そこで下取買い増しが決まり、そこからさらに新車値引きです。

そして最終的には

『値引きと下取買い増し合わせてトータル追金〇〇〇万円にします!』といった感じで成約になります。

この場合、具体的な新車値引き額と下取買い増し額は決まっていません。

新車の注文書を貰った後に、条件変更で調整します。

ディーラーは新車を売ることで利益を出します。

そのため新車の値引きを抑え、下取買い増しを増やす場合は珍しくありません。

その場合の下取額は、買取店と大差ない場合も珍しくありません。

ディーラー下取のメリットは「納車時を見越した価格」

ディーラー下取額が買取店の金額より安いのにはもうひとつ理由があります。

新車の場合はあくまで下取車です。

新車の納車までは下取車はお客が普通に使います。

通常の新車の納車でも1ヶ月ほど掛かります。

人気車種になれば2ヶ月から3ヶ月待ちになるのも珍しくありません。

その間、お客は下取車を普通に使うので走行距離が伸びます。

納車が3ヵ月後になれば、下取相場も変わります。

人気車種の場合、1ヶ月で10万円査定額が下がる場合も珍しくありません。

その場合3ヶ月経過したら、30万円下がります。

それでもディーラー下取は新車契約時に提示した下取額で下取します。

ディーラー査定は新車の納車があり、それにより下取入庫が遅れることを加味した査定額になります。

それに対し買取店はその時目一杯の買取額を提示します。

ディーラーのような3ヶ月先の買取額は提示出来ません。

それもディーラーと買取店の査定額の差の要因でもあります。

ディーラー下取のデメリットは「加点が少ない」

下取査定は、基本的には減点法です。

まず基本価格があり、それを元に加点と減点をします。

加点項目は、

  • 車検残月数
  • 自賠責保険残月数・
  • ナビ等のオプション装備

くらいです。

減点項目は

  • 内外装のキズ
  • 走行距離(加点の場合もありますが、減点の場合が多いです)
  • 修復歴
  • タイヤ等の消耗品の状態
  • ボディカラー(加点の色もありますが、減点の色のほうが多いです)

等になります。

ディーラー査定の場合、加点項目が少なく、減点項目が多いです。

その結果として査定価格が基本価格を上回る場合がとても少ないです。

これもディーラー査定が買取店査定より低い理由になります。

買取店のメリットは「きめ細かい加点」

それに対し買取店査定です

買取店はディーラー査定とは基本価格の算出法が異なっており、そもそもの基本価格が高めです。

スタート時点で既に有利なのが買取店査定です。

さらに買取店査定は加点項目が多いです。

特にオプション装備の加点が目立ちます。

  • 自動ブレーキ等の安全装備
  • LEDヘッドランプ
  • ルーフレール
  • 社外アルミホイール

といった、ディーラー査定では加点しない項目も加点します。

さらに複数のオプションを装備した車の場合は、総合トータルで加点します。

その結果として、ディーラー査定より高額の査定額になります。

買取店のデメリットは「相場に敏感過ぎる」

買取店査定はオークション相場を基に算出されます。

ディーラー査定は新車価格と法定減価償却を基に算出します。

ディーラー査定の基本価格は1ヶ月ごとに変動します。

それに対し買取店査定は常に変動します。

オークション相場は生き物です。

1週間で相場価格が10万円下落するのも珍しくありません。

一括査定を申し込んだ場合、買取業者の反応が早い理由のひとつにもなっています。

一刻も早く金額を提示して買取しないと、損金が出るリスクが高まるからです。

ユーザーのために高価買取するのはとてもありがたいですが、それが原因でユーザーが買取店に振り回される場合もあります。

買取店を上手に利用して高値買取してもらい、実際に得をするのは結構難しいです。

カービューまとめ

カービューは一括査定サイトの中でも老舗になります。

多くの利用実績があり、リピーターも多いです。

それは納得の買取金額が実現している証明にもなります。

電話応対が煩雑になるというデメリットもありますが、それは一括査定サイトの利用にはつき物です。

それさえクリアすれば、確実に高価買取に繋がります。

実績のあるサイトを利用すれば、大きな安心感が得られます。

コメント